購入の流れ
買いたい

nagare_icon

購入の流れ

FLOW

資金計画や現地見学など、物件を購入する際の流れとポイントを紹介します。
購入についてご不明な点は中央ビル管理へお気軽にご相談ください!

step1 step1_image

希望条件・予算を考える

住まいの購入にあたっては、借入額や自己資金を把握して計画を立てることが大切。また自己資金には物件の価格以外に諸費用を含めて考えましょう。諸費用の目安は、新築マンションで物件価格の3-5%前後、建売住宅や中古住宅は6-8%、注文住宅は土地・建物の総額の10-12%が目安とされています。
<住宅購入時にかかる諸費用の例>

  • ・印紙税
  • ・登記費用
  • ・住宅ローン借入費用
  • ・不動産取得税
  • ・固定資産税精算金
  • ・仲介手数料
  • ・修繕積立金(新築マンション)
step2 step2_image

物件を探す

物件を探す方法は①インターネットで探す②営業所に訪問して探す③オンラインで物件を紹介してもらう、などがございます。
①当社HPでは、沿線から探す・エリアから探す・地図から探す等、お客様の条件に合った方法で物件をお探し頂けたり、様々な特集から検索できます。
②③店頭やオンラインでは、希望条件を事前にお伝えいただき、ご希望に合った物件資料をご用意してご紹介させて頂きます。不動産のプロの目線でご紹介物件の良い所、悪い所をお伝えしますので、インターネットだけでは分からない情報を得られます。

step3 step3_image

現地見学・相談

前述の通り、物件のご紹介は店頭・オンラインどちらでも対応可能です。気に入った物件がありましたら、実際に物件を見学してみましょう。写真と間取りだけではわからない周辺環境や、物件の雰囲気、プロの目から見たポイントなど、直接体感してみてください。また、ここで、営業マンに対して、疑問点は徹底的にぶつけてください。どんな些細なことでも、親切丁寧にお答え致します。納得いくまでご相談下さい。

step4 step4_image

売買契約

購入を決めましたら、購入申込書を記入して頂きます。申込後、代金の支払いや引渡し時期などの確認を行います。そして準備が整いましたらついに不動産売買契約です。
■重要事項説明・・・物件についての重要な事項を説明します。宅地建物取引士より「重要事項説明書」の説明を行います。登記簿に記載の権利関係、物件概要、代金授受の方法、契約解除の規約等です。
■不動産売買契約・・・取引内容や当事者の権利・義務などを明らかにし、安全で確実な売買の成立を目的とします。当社では豊富な契約実績がございます。お客様に分かりやすく、納得いくまでご説明を致しますので安心してご契約下さい。

step5 step5_image

ローン契約

住宅ローンの選択、借り入れの手続きを行います。ローンには大きく分けて「公的融資」「民間融資」の2つがあります。
■公的融資・・・フラット35や財形住宅融資など、国や自治体が住宅取得のために展開している融資制度です。
■民間融資・・・都市銀行・地方銀行・生保・信販会社などさまざまな機関が住宅ローン向けの商品を販売しています。融資条件は各機関により異なります。

step6 step6_image

鍵の引き渡し・入居

入居した後のトラブルを防止するために、売主・買主双方で物件の状況確認を行います。
<残代金を支払う・鍵を受け取る>残代金の支払いと同時に鍵の引渡しとなります。

  • ・仲介手数料の残額を支払う
  • ・諸費用を支払う
  • ・所有権移転登記申請をする
  • ・抵当権設定登記申請をする

以上を経て、鍵の引渡しを受けます。<入居・引越>引越に際しては、住民票の移動、各機関への住所変更の届出などを行います。また、引 越にあたっては、下記に関連する機関への届け出が必要です。
・引越業者・市区町村役所・電気・ガス・水道・電話・各種金融機関・学校・自動車・バイク・各種資格・免許・ペット・その他

mail_icon

お問い合わせ